ITADについて

パシフィックネット ITADプロセス

ITAD(IT Asset dispositionの略) は、企業などで使用済みになったIT機器を全国の当社拠点にて回収、仕分け、データ消去を実施。
中古機器として再利用できるものはMicrosoftの正規ライセンスのOS(MAR)をインストール、クリーニング等施し法人へ販売します。また、機器としての再販価値の無いものは国内事業者でマテリアルとしてリサイクルされます。
当社のITAD事業は、社会が求める資源の有効利用や環境問題、セキュリティにフォーカスしてIT機器の適正処理を実現するものです。

情シス業務のお困り事はすべて私たちにお任せください
  1. 01 回収

    01回収

    当社最寄りの拠点よりお客様にお伺いし機器を回収。

  2. 02 仕分け・検査

    02仕分け・検査

    回収した機器の仕分け検査作業を実施。

  3. 03 データ消去

    03データ消去
    (ソフトウェア消去・物理破壊)

    機器の記憶媒体のデータ抹消作業の実施。
  4. 04 選別

    04選別
    (リユース・リサイクル)

    リユースかリサイクルかの選別を実施。リサイクルするもは部材、資源品として再利用。
  5. 05 リファビッシュ

    05リファビッシュ

    リユースするものは動作チェック、MARインストール、クリーニング作業の実施。
  6. 06 販売

    06販売

    完成したリユース品は、法人の業務用PCとして販売


【引取、データ消去についてのご注意】
本サービスは、最低料金30,000円(税込33,000円)から受け付けております。
データ消去利用規約をご確認の上お申し込みください。
お引取りをご希望される場合は別途費用が発生致します。
引取可能品目については、よくある質問をご覧ください。
状態によっては、お受けできない場合もございますので、予めご了承ください。


データ消去のご依頼・ご相談・お見積もりは下記フォームよりお願いいたします。
予めご確認ください
データ消去利用規約

PageTop