私たちはIT機器の導入から運用、処分まで、IT機器管理における全ての業務をワンストップでご支援いたします。

パシフィックネットパシフィックネット



P^Bridgeログイン各種ご相談・お問合せ
パシフィックネット

Office 2010をお使いの企業の皆さまへ 今お伝えしたい大切なお話

※日本マイクロソフト提供

毎日の業務でご使用いただくビジネスアプリケーションだから、いつも最高の安全と生産性をご提供したい。
それがマイクロソフトの願いです。皆さまのお仕事がもっと価値を生み出せるように。
私たちは1日も早い、最新のOfficeへの移行準備をお手伝いします。

 

斜め左線 Office 2010をお使いの皆さまの声 斜め右線

Office 2010、まだまだ使えるんじゃないの?

そうは言っても、常に最新の Office 365 ProPlus への移行は互換性が心配・・・

Office の展開 ~いままでとこれから~

Office 2010 をお使いの皆さまの声の男性

Office 2010をお使いの企業の皆様へのマスコットキャラクター

Office 2010、まだまだ使えるんじゃないの?

脅威の進化に追いつけない!

脅威の進化に
追いつけない!

標的型メール攻撃、ランサムウェアなど、日々進化を続けるセキュリティ脅威。世界規模のインテリジェンスをベースに常に最新のセキュリティで組織を守るOffice 365 ProPlusのご使用をお勧めします。

多様な働き方に対応できない!

多様な働き方に
対応できない!

働き方改革があらゆる組織の最優先事項となっている今、場所や時間にとらわれずに働ける環境が求められています。いつでも、どこでも生産性と安全性を維持しながら働けるビジネスアプリケーションが必要です。

2020年10月Office 2010 のサポートが終了

2020年10月
Office 2010のサポートが終了

最新環境への移行は、準備期間が必要。今から移行を進めれば、直前に慌てることなく、余裕を持って対応できます。

Officeのサポートライフサイクル日程

マイクロソフトでは、製品発売後、最低5年間のメインストリームサポートと、最低5年間の延長サポート(合計最低10年間) を提供しています。サポート期間終了後は、セキュリティ更新プログラムや有償サポートを含むすべてのサポートが受けられなくなります。

                     
製品名ライフサイクルの開始日メインストリームサポートの終了日延長サポートの終了日
Office 2010 2013年7月23日 2015年10月13日 2020年10月13日
Office 2013 2014年2月25日 2018年4月10日 2023年4月11日
Office 2016 2015年9月22日 2020年10月13日 2025年10月14日

詳細はMicrosoft ライフサイクル ポリシーをご参照ください。

そうは言っても、
常に最新のOffice 365 ProPlusへの移行は互換性が心配…

IT 管理者の労力を助ける互換性検証ツール

IT管理者の労力を助ける
互換性検証ツール

マクロやアドインとの互換性を検証するツールを活用すれば、IT管理者の労力を最小限に互換性チェックが可能です。
ツールの使用方法はこちら
互換性ホワイトペーパー
参考にしてください。

業務アプリも<br>クラウドの時代

業務アプリも
クラウドの時代

「いつでも、どこでも」働ける環境が求められる今、WordやExcelといったOfficeアプリケーションもクラウドが標準になってきています。Office 365 ProPlusなら、常に最新のOfficeを使用でき、1ユーザーあたり最大15デバイス*までインストールして使用できるため生産性を維持しながら多様な働き方が実現できます。

(*PCまたはMac5台/タブレット端末5台/スマートフォン5台)

多くの企業で導入が進んでいる

多くの企業で導入が
進んでいる

導入したお客様からは、「互換性の問題を懸念していたが、大きな問題はなかった」という声も頂戴しております。

Officeの展開~いままでとこれから~

一部でも早めに導入することがカギ!分散型で安心の移行に

時間をかけて互換性検証、導入準備を行い、サポート終了とともに全社展開を図る。
こうした従来の手法は時間がかかる上、リスクが大きく、IT担当者の負担も大変なものでした。
Office 365 ProPlusへの移行は、業務単位、グループ単位でトライ&エラーを繰り返し、段階的に全社へと展開するのがオススメです。
リスクを早期に解消し、負荷分散を図りながら無理なく最新環境へ移行できます。

Office 365 ProPlus導入の流れ右矢印

1. 情報収集 → 検証 → 設計 2. 展開 3. フィードバック → 改善

1. 情報収集 → 検証 → 設計

時間と手間がかかる
今まで

時間と手間がかかる
展開前に「不具合ゼロ」の状態を求められるため、情報収集→検証→設計に手間がかかり長期化。全社展開まで一人で進める場合も多く大変!

右矢印
下矢印
トライ & エラーでスピーディに!
これから

トライ&エラーでスピーディに!
例えば、まずはITに詳しい部門で使ってもらい、使い勝手や問題点を確認。情報を吸い上げて、次の展開へ。リスクを解消し、完成度を高めながら導入できるのでスピーディーに展開できます。

2. 展開

時間と手間がかかる
今まで

一気に負担がかかる!
準備期間を終え、サポート終了のタイミングで一気に全社展開。担当者への負担が集中してしまう…

右矢印
下矢印
段階的展開で負荷分散!
これから

段階的展開で負荷分散!
サポート終了の時期にこだわらず、業務単位や部門単位で段階的な展開を。IT担当者の負荷を分散しながら余裕を持って進められるので、最新環境へ全社で無理なく移行できます。

3. フィードバック → 改善

万が一に対応できない
今まで

事前検証はIT部門の一大イベント
数年間の間の変更を一気に吸収するため、バージョンアップの際の検証は一苦労。場合によっては、1年、2年かけて検証することも。

右矢印
下矢印
万が一が起きる前に対応!
これから

優先度をつけてスマートに対応!
互換性検証ツールで対象箇所の優先度付けがスムーズ。導入後も、Office 365 ProPlusは、常に最新を保つため、変更への対応も緩やか。広範囲への展開前に動作確認ができる検証用のビルドの提供で、組織への展開前に十分な検証期間を設けることが可能です。

下矢印

Officeの移行を安心&スムーズに。
ポイントは「早めの導入」です!

Office 365 環境構築/活用ソリューション右矢印

Microsoft公式: Office 2010 をお使いの企業の皆様へ

サービスのご依頼・ご相談・お見積もりは担当営業部へ
03-5730-1443
営業時間 平日9:00~17:45

運用・保守 Operation

TOPへ