導入事例のご紹介

企業の排出責任と社会貢献を両立 情報漏洩対策とCSRの悩みを一度に解決

ディスクロージャー(企業内容開示)関連書類のコンサルティング、制作、印刷において業界のパイオニアである宝印刷様。上場企業の半数近くがクライアントという、確固たるシェアを築いています。上場企業の模範にされる宝印刷様だからこそ、PC機器の排出については「セキュリティ」「企業排出責任」「CSR活動」を検討して取り組んでいます。実際にどのような運用のもと当社サービスを利用されたか、ご担当者様にお話を伺いました。

ご利用サービス
情報機器引取回収・データ消去、「リユースforキッズ」寄付プログラム
ご利用時期
2016年1月  
対象機器
サーバー 50台,  携帯電話 21台,  WiFiルーター 11台

PC回収・買取・データ消去サービスのメリット

ポイント①
情報機器引取回収が専門の上場企業という信頼感。
ポイント②
寄付プログラムにより、社会貢献活動にも貢献することができる。
ポイント③
自社の排出事情に応じて、柔軟に対応してもらえる。

インタビュー

今回、「情報機器引取回収・データ消去」 「リユースforキッズ」寄付プログラム」をご利用いただいた経緯について、総務部総務課 主任 若菜様にインタビューをさせていただきました!
(以下敬称略)

総務部総務課 主任 若菜 登 様総務部総務課 主任 若菜 登 様

パシフィックネットのPC引取回収・データ消去サービスをご利用いただいた背景をお聞かせください。
当社は、ディスクロージャーの専門印刷会社として、主に上場企業様の有価証券報告書や招集通知等といった開示書類の作成支援サービスを提供しております。パシフィックネット様も、当社お得意先の1社です。
パシフィックネット様のサービスを利用する前は、PCデータ消去済み機器に限らずどんな廃棄物でも引き取ってくれる産廃業者へ依頼することが多かったのですが、費用面や、法令の改正などによって、産業廃棄物処分の規制も厳しくなり、今まで処分依頼していた既存先も全ての品目の処分を引き受けてくれなくなってきていました。
そこで、PCやサーバーなど情報機器類について専門に行っているパシフィックネット様にお願いした方が、メリットがあるのではないかと考えたのです。
なぜ、不要PC寄付プログラム「リユースforキッズ」に参加しようと思ったのでしょうか?
パシフィックネット様の営業ご担当者より、「宝印刷が開催しているディスクロージャー関連のセミナーで、リユースforキッズの取り組みを参加企業へ紹介させてもらえないか」というご相談をいただいたのがきっかけです。一方で、環境や社会貢献への意識が高まる中で、従来の決算書類に加えて企業の社会的責任の情報も含めた「統合報告書」が注目を集め、当社への問い合わせも増加していることもあり、営業がクライアント企業から「宝印刷としてどのような活動を行っているのか」とお問い合わせを受けることも出てくると思います。この「リユースforキッズ」は、企業が排出する機器を寄付することができる斬新なプログラムで、子どもたちの糧となる素晴らしい取り組みであり、当社としては大いに賛同できる企画であると考えます。
「リユースforキッズ」流れ 詳細はこちら

当社サービスを利用した感想やメリットをお聞かせください。
ようやく、双方のメインビジネスでお付き合いができたことを嬉しく思うとともに、企業の信頼性や現場対応の面でも満足しています。
(1)信頼できる企業体制
当社は、お客様より機密情報をお預かりしている関係上、PC・サーバー・携帯電話のデータにつき、引取回収後にパシフィックネット様から「データ消去証明書」を発行していただいております。また、企業は排出事業者としての責任も考えて対応すべきだと当社は考えています。数ある機器回収業者の中でもパシフィックネット様は、当社のお得意先ということもありますが、信頼して依頼することができます。

(2)柔軟・迅速な営業対応
最初に連絡した時、営業ご担当者が直ぐに訪問して対応してくれたのを覚えています。
「リユースforキッズ」ではPC10台からが対象とご案内いただき、当社の情報機器排出は、時期も不定期で機種も台数もバラバラ。対象の機器を規定の台数、集められるか分かりませんでしたが相談したところ、PC以外の機器でも「リユースforキッズ」の寄付プログラムに対応していただくなど、柔軟に対応いただけました。

今後の御社の展開から、当社へ期待することをお願いします。
営業業務の効率化のため、数年前よりタブレット端末を試験的に導入しています。運用後の処分規定はこれから策定しますので、その際は相談に乗ってください。また、タブレットは従来とセキュリティや通信回線面で運用方法が全く異なります。営業生産性の向上とセキュリティの強化において、運用から処分のご提案を専門家の観点からお願いできればと考えています。
また、「リユースforキッズ」のPC寄付プログラムに続き、次のステップとして、「リユースforキッズbyBook」による本の寄付プログラムへの参加もご案内いただきましたが、是非今後も様々なご提案をいただきたいと考えています。パシフィックネット様は、信頼してお付き合いできる会社でありますし、社会的な取り組みも積極的に行っていらっしゃいます。今後も多角的なご提案を期待しています。

りそなホールディングスの皆様

宝印刷株式会社
本社所在地:〒171-0033
東京都豊島区高田三丁目28番8号
TEL:03-3971-3101(代表)
設立:1960年4月15日
(創業:1952年6月15日)
事業内容:ディスクロージャー並びにIR関連物のコンサルティング、制作、印刷
ディスクロージャーに関連するソフトウェアの開発と販売
ディスクロージャーに関するセミナーの開催、書籍の出版
URL:http://www.takara-print.co.jp/

りそなホールディングスロゴ

お問い合わせ

各種サービスのご依頼・ご相談・お見積もりは担当営業部へ

03-5730-1443

営業時間 平日9:00~17:45

お問い合わせフォームはこちら