「P-Bridge」が「ジョーシス」と連携!

平成28年1月7日
株式会社パシフィックネット【東証マザーズ:証券コード3021】


パシフィックネットのIT機器処分管理WEBサービス「P-Bridge」が
情報システム部門向けWEBメディア「ジョーシス」と連携!
特許を取得した画期的なIT機器処分管理WEBサービス「P-Bridge」のお試し体験が可能となります。


 ITセキュリティサービス、ITファイナンスサービス、ITメディアサービス、法人向け通信サービスを全国8拠点で展開する株式会社パシフィックネット(東京都港区 代表取締役 上田 満弘 東証マザーズ上場 以下、弊社)は、2016年1月、かねてより運営している特許取得済みのIT機器処分管理WEBサービス「P-Bridge」と、同じく昨年より運営する情報システム部門向けWEBメディア「ジョーシス」とを連携し、双方の会員アカウントを共通化しました。


 「P-Bridge」は、IT機器処分業務において、弊社への見積依頼から処分履歴までを一元管理することが可能な無料WEBサービスで、2014年10月より提供を開始しております。既に弊社のITセキュリティサービスの既存のお客様に広く導入していただいておりますが、今回の連携により、情報システム部門向けのライトな情報コンテンツを中心としたWEBメディア「ジョーシス」を通じて「P-Bridge」の一部機能をお試し体験していただくことにより弊社のIT機器の回収・データ消去および消去証明書発行等のサービス導入を検討しやすくなります。弊社では2016年内の「P-Bridge」および「ジョーシス」の会員登録数1万名を見込んでいます。

 【

「P-Bridge」とは

 法人様において、PC・サーバー・タブレット・スマートフォン等のIT機器の新規導入→運用保守→使用後の機器処分といった一連の業務のうち、使用済の機器処分の業務は、これまでほぼすべてアナログ作業でした。「P-Bridge」は、IT機器管理業務の中で、最もIT化が遅れていた排出業務・処分管理をWebサービス化することにより、お客様の業務負担の軽減、トレーサビリティの強化、処分機器からの情報漏えいリスクの大幅軽減を図ることが可能となります。全てのお客様に無料でご利用いただけます。「ジョーシス」会員は、同一のIDとパスワードで「P-Bridge」にログイン可能となり、処分予定機器の登録や発注先管理等、処分やデータ消去の見積依頼の直前までの機能を利用することができます。また従来の「P-Bridge」ユーザーは同一のIDとパスワードで、「ジョーシス」にログインすることが可能となりました。

「P-Bridge」詳細
http://www.prins.co.jp/service/trade/p-bridge.html



「ジョーシス」とは

 「ジョーシス」は、法人のIT機器やシステム、セキュリティ、ネットワーク等を担い、日ごろ縁の下の力持ちとして活躍されている情報システム部門="情シス"の方々にスポットライトを当てたいという思いで2015年9月にOPENしたWEBメディアです。 コンテンツは、ニュース、コラム、エンタメ、リサーチの4つのカテゴリーからなり、 "情シス"の方々がビジネスに活用できるネタから、息抜きできる情報まで、硬軟織り交ぜた365日24時間楽しんでいただける"情シス"生活に密着した内容が特徴です。

「ジョーシス」
https://www.josys.jp/



以上


【本ニュースリリースに関するお問い合わせ】


株式会社パシフィックネット 経営企画室:川島、佐藤(豊)
TEL:03‐5370‐1441
FAX:03‐5370‐1444
HP: http://www.prins.co.jp/

Adobe Acrobat Reader

決算公告等のPDFファイルを閲覧するには、Adobe Reader ソフトウェアが必要です。
Adobe Reader は無料でダウンロードすることが出来ます。