使える! 情シス三段用語辞典56
「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」


常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に伝えるとなると更に難しくなります。ジョーシスでは数々のIT用語を三段階で説明します。


一段目 ITの知識がある人向けの説明
二段目 ITが苦手な経営者に理解してもらえる説明
三段目 小学生にもわかる説明


取り上げる用語を“知らない”と思った人は、小学生にもわかる説明から読んでみると、理解が深まるかもしれません!?

一段目 ITの知識がある人向け 「RPA」の意味

「RPA(Robotic Process Automation=ロボティック・プロセス・オートメーション:ソフトウエアロボットを使った業務自動化)」とは、主にホワイトカラーが担当する業務を自動化する取り組みを指す。ソフトウエアのロボットに業務手順のトレーニングを施すことで、あたかも人間が行うように通常業務が代行させる。


ロボットをトレーニングするには、特に複雑なIT知識は不要で、業務担当者がロボットに教えるだけで済む。高いITスキルを持つ人材を投入する必要もない。RPAの導入によって、ホワイトカラーの業務削減と効率化が図れるため、その業務に従事していた人員を別の創造性が生かせる業務や事業に配置することが可能になる。

二段目 ITが苦手な経営者向け

社長はいつも「ムダな業務を減らして、売上につながる仕事にもっと人を回せ!」とおっしゃっていますよね。それは確かに大切なことです。


さて、社長の考えから社内を見渡すと、例えば「事務作業」に代表されるホワイトカラーの社員が担当している仕事にムダがあったりしませんか? いや、「ムダ」と言ってはいけないかもしれませんね。みなさん、一生懸命に仕事に取り組んでいるのですから。


しかし、最近では「ホワイトカラーの業務をロボットに任せられないか?」という考えもあるのです。これはロボットの導入で、かなりの作業が自動化されている工場と同じように、事務の仕事もロボットを使って自動化させることです。


ホワイトカラー社員の業務を、ソフトウエアのロボットが行う仕組みを作ることを「Robotic Process Automation=ロボティック・プロセス・オートメーション:ソフトウエアロボットを使った業務自動化)」といいます。


例えば、数字をエクセルの表に入力して、計算し集計する。そんな毎日のようにやっている業務は、RPAでロボットに任せてしまうわけです。そうすれば、RPAで手の空いた社員が、営業現場や創造的なポジションに移って活躍してもらえるようになります。


RPAを活用すれば、もしかすると社長の会社も利益の上がる体質に変革できるかもしれませんね。

三段目 小学生向け

みなさんのおうちにロボットがいて、力仕事をしてくれたり、洗濯を手伝ってくれたりするといいなと思いませんか?


そんなロボットのひとつに、計算をしたり、日記を書いたりと、そんな人間がやるようなことも手伝ってくれるタイプがいます。それは、形には見えない、コンピューターの中にいる「ソフトウエアのロボット」です。


たとえば、お母さんが家計簿をつけているとします。


その時、レシートの数字を一枚ずつパソコンに打ったり、集計したりするのは大変です。そこで「ソフトウエアのロボット」を使います。すると、ロボットがお母さんの代わりに家計簿に記入したり、計算したりしてくれるのです。


そうなると、お母さんは、その計算結果を見て「今月はお金のやりくりをどうするか?」という大事なことを決めるだけでよくなります。空いた時間でほかのこともできるようになるのです。


同じように、お父さんやお母さんが働く会社でも、人間がやっている書類のチェックや数字の計算などの「事務」という仕事を、ソフトウエアのロボットが代わりに行う仕組みが出てきています。


これを「RPA(あーる・ぴー・えー、ロボットによる仕事の自動化)」といいます。


これまで、たくさんの書類をチェックしたり、計算したりする仕事は、人が行うと、とても手間と時間がかかって大変でした。でも、RPAでは、書類のチェックや計算のやり方を教えれば、ロボットが自動的に行ってくれるので、人間は最後の確認や判断だけすればよくなります。


そうすると、空いた時間ができて、その仕事をしていた人たちは、新しい仕事のアイデアを考えるなどの創造(そうぞう)的な作業ができるようになるんですよ。

この記事は株式会社パシフィックネットが運営していたWebメディア「ジョーシス」に 掲載されていた記事を転載したものです。
2017年7月26日掲載