使える! 情シス三段用語辞典55
「デジタルトランスフォーメーション」


常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に伝えるとなると更に難しくなります。ジョーシスでは数々のIT用語を三段階で説明します。


一段目 ITの知識がある人向けの説明
二段目 ITが苦手な経営者に理解してもらえる説明
三段目 小学生にもわかる説明


取り上げる用語を“知らない”と思った人は、小学生にもわかる説明から読んでみると、理解が深まるかもしれません!?

一段目 ITの知識がある人向け 「デジタルトランスフォーメーション」の意味

「デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation:DX)」とは、2004年に、ウメオ大学(スウェーデン)のエリック・ストルターマン教授が提唱した「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でよりよい方向に変化させる」という概念に基づく言葉。


この言葉は、2016年頃から「組織からビジネスプロセス、商品、サービスなどすべてがデジタル化によって変革される」という意味合いで、ビジネスの世界では広く用いられるようになった。


デジタルトランスフォーメーションを実現する具体的な技術は「モバイル」「ビッグデータ」「ソーシャルネットワーク」「クラウド」の4つになる。


一般的には、デジタルトランスフォーメーションが進むことで、ITとビジネスの融合が進むとみられている。その結果、ビジネスパーソンはITのスキルを磨くことが不可欠となり、ITに詳しい情報システム部門の担当者は、逆にビジネスへの参加が不可欠となるといわれている。

二段目 ITが苦手な経営者向け

社長はいつも「ワシはITのことはようわからんけれど、商売はまかせておけ」とおっしゃっていますよね。


確かに、社長のビジネス手腕は立派だと思います。ただ、世の中がデジタル化していく大きな流れも無視することはできません。


どういうことかというと、これからは「ITはIT、ビジネスとビジネス」という考え方がなくなり、ビジネスのほとんどがデジタル化されて、ITでコントロールされていくようになるということなのです。

マーケティング活動を例に話しましょう。


社長の商売では、「お客様が社長の会社の商品を探すように仕向ける」「商品を見つけてもらう」「買ってもらう」「決済できたら発送する」「売上管理」「売れ筋商品の把握と分析」「分析結果から、より売れる広告宣伝を考える」「どんな商品が求められているのかを調べる」「他社の競合製品と比べて、自社製品が口コミではどういう評判なのかを確認する」といったプロセスがありますよね。


こうした作業は、これまで社長や営業部長が勘と経験でやってきたと思います。しかし、これからはデジタルに置き換えられ、ITの力によって、より効率よく売上を上げていくようになるのです。


このように、企業活動の多くがデジタルによって変革される動きのことを「デジタルトランスフォーメーション」といいます。


これからは、社長がITのことを知るだけでなく、社長の会社のIT担当がビジネスに詳しくなってもらわなければいけません。つまり、ITがビジネスそのものになるのです。

三段目 小学生向け

みなさんのお父さんやお母さんが勤めている会社にはさまざまな仕事があります


「営業」という会社の商品を売る仕事や「広告宣伝」という会社の商品を多くの人に知ってもらえるように工夫する仕事、「生産」という会社の商品を一生懸命作る仕事、「経理」という会社でもうけたり、使ったりしたお金を正しく計算をして記録する仕事などです。


それぞれの仕事を担当する人たちは、毎日一生懸命働いています。

そして、コンピューターやシステムなどを使って、会社のいろいろな業務がスムーズに行えるようにする仕事があります。この仕事をする人は情報システム担当(情シス)と呼ばれています。


これまで「営業」や「広告宣伝」「経理」「生産」などの仕事をする人たちは、ITのことは情シスの人たちにまかせていました。また、情シスの人たちもシステムのことをがんばっていればよかったのです。


しかし、インターネットやスマートフォン(スマホ)をみんなが使うようになって、人工知能などが仕事に利用されるようになった今は、ITの仕事と「営業」や「広告宣伝」「経理」「生産」などの仕事の境目がなくなってきています。そうなると、どんな仕事についていても、ITに詳しくないと仕事をうまくやっていけなくなります。つまり、スマホやインターネットなどのデジタル機器やサービスで「仕事革命(しごとかくめい)」が起ころうとしているのです。


これを「デジタルトランスフォーメーション」といいます。


みなさんが大人になる頃は、きっと、デジタルで仕事のすべてを管理することが普通になっているでしょう。その時にはもっと便利で豊かな社会になっているかもしれません。一方で、デジタルに興味がない人は、限られた進路や仕事しか選べなくなっているかもしれません。


幸せは人それぞれです。しかし、デジタルトランスフォーメーションが当たり前になった時代には、デジタルに関する勉強をしっかり行っていた方が、自分が進める道がいろいろ広がることになるでしょう。

この記事は株式会社パシフィックネットが運営していたWebメディア「ジョーシス」に 掲載されていた記事を転載したものです。
2017年7月24日掲載