使える! 情シス三段用語辞典32
「仮想化」


常に新しい用語が生まれてくる情報システム部門は、全ての用語を正しく理解するのも一苦労。ましてや他人に伝えるとなると更に難しくなります。ジョーシスでは数々のIT用語を三段階で説明します。


一段目 ITの知識がある人向けの説明
二段目 ITが苦手な経営者に理解してもらえる説明
三段目 小学生にもわかる説明


取り上げる用語を“知らない”と思った人は、小学生にもわかる説明から読んでみると、理解が深まるかもしれません!?

一段目 ITの知識がある人向け 「仮想化」の意味

「仮想化」とは、サーバーなどのハードウエアを物理的な構成に縛られることなく、単一の物理リソースとして論理的に統合する、あるいは分割する技術を指す。一般的にはサーバーで使われることが多いが、現在では、IT機器やシステムなどでも利用することが増えてきている。


例えば、インターネットを使って高いセキュリティ通信を実現する「VPN(仮想私設網)」は、専用回線の仮想化にあたる。また、ソフトウエアで、ネットワーク構造・構成を定義する「SDN(ソフトウエア・デファインド・ネットワーキング)」は、ネットワークの仮想化といえる。さらに、複数のディスクをあわせて1台のディスクに見せる「ストレージプール」や「SAN(サーバー・エリア・ネットワーク)」などは、ストレージを仮想化になる。


仮想化の考え方は1960年代からあり、当時は高価な機器を代替する目的で使われていた。例えば、異なるアーキテクチャのコンピューター用ソフトを動かす「仮想マシン」や、メモリの代わりにディスクを使う「仮想記憶」などがある。


現在では、複数の仮想サーバーを1台のハードウエアで動かしたり、SDNのように柔軟性の高いネットワーク構築したりするなど、運用の効率化や信頼性を高めるなどの目的に使われることに変化してきている。

二段目 ITが苦手な経営者向け

社長は「仮想化」という言葉を聞いたことはありますか?


その基本的な考え方は「抽象化」です。


つまり、実態のあるサーバーやネットワーク、ディスク装置などの物理的な機器を「仮想化」という技術を使って「抽象化」することで、機器の利用効率や利便性や信頼性を高める技術なんです。


例えば、「サーバーの仮想化」というのは、ソフトウエアで作られた「仮想マシン」というものでOS(基本ソフト)を動かすことで、1台のハードウエア(物理サーバー)で、仮想化された複数のサーバーを動かすことをいいます。


もし物理サーバーが故障した場合でも「仮想マシン」なら、バックアップをしておけば、別の物理サーバーに移行すれば、すぐに復旧ができます。さらに、ストレージ(ディスク装置)も仮想化しておくと、より素早く障害対策が行えるようになります。これが仮想化のメリットです。


最近、一般的になってきた「クラウド」というサービスも仮想化の1つです。


例えば、社長も使っているグーグルのメールサービス「Gメール」は、サーバー機器上で動作しているメールサーバーのソフトを仮想化したおかげで、保守が大変だった管理者の業務が大幅に減り、BCP(事業継続計画)やDR(災害復旧)対策も実現したといいます。


このように仮想化は、構築や運用のコストを下げ、耐障害性も高められるようになるメリットがあることから、さまざまな分野で導入が進んでいるのです。

三段目 小学生向け

みなさんは「仮想化(かそうか)」という言葉を知っていますか?


知っていたら、仮想化の「仮想」とは、どういう意味なのか、わかりますか?


辞書で引いてみると「仮にあるとして考えること。仮に想定するもの」とあります。


「仮想化」というのはコンピューターの世界では、実物の「コンピューター」などの中に別のコンピューターが存在しているように見せる技術のことをいいます。そして、この仮想化はとても便利な技術なのです。


みなさんが好きなゲームで、たとえてみましょう。


最近のゲーム機では、みなさんが生まれる前にはやった古いゲームを楽しめる機器があります。実はこうしたゲームは、昔発売された時のソフトがそのまま使われています。それが楽しめるのは、実は「仮想化」のおかげなのです。


最近のゲーム機はとても性能がよいので、ゲーム機の中に古いゲームが使える「仮想ゲーム機」を作って動かすことができます。つまり、ゲーム機の中で別の「ゲーム機」が動いているのです。だから、今でも古いゲームソフトをそのままプレーできるのです。


このように「仮想化」は実際には形としてはないものがあるかのように使える技術なのです。

この記事は株式会社パシフィックネットが運営していたWebメディア「ジョーシス」に 掲載されていた記事を転載したものです。
2017年1月30日掲載