【情シス女子】
遊び心あふれる自由な企業で個性を発揮する情シス女子 小松 はるひさん

株式会社gloops 小松 はるひさんの画像

gloops システム統括部 情報システムグループ 小松はるひさん


情報システム部問で働く女子の声をお伝えする「情シス女子」。

第9回はgloops システム統括部 情報システムグループに所属されている小松(こまつ)はるひさんです。取材当日は、鮮やかな明るい赤のワンピース姿で現れた小松さん。華やかな品のよさを感じさせる一方で、実は勉強熱心な一面もあるといいます。ITによる業績貢献を行うという部門ミッションを掲げ、定常業務を行いつつソリューション導入に携わるという普段の仕事からプライベートまで話を聞きました。


<小松はるひさんプロフィール>
gloops システム統括部 情報システムグループ所属。特技は料理で和洋中、栄養バランスを考慮した女子飯が得意。簿記の試験に向けて勉強中。


社内の人達はみんなオシャレ 若くて活気のある会社です

株式会社gloops 小松 はるひさんの画像

――gloopsとはどんな会社ですか?


小松さん:

「みんなの手に、新しい遊びを。」というスローガンの下、ソーシャルゲームを通じてモバイルエンターテインメントを提供している企業です。広々としたオフィスは、ライブラリーやカフェスペースもあり、モノ作りに専念できる環境になっています。これまで40以上のゲームタイトルをリリースしていて、延べ4000万人以上の方に遊んでもらっています。4月には新作RPG「ラプラスリンク」がリリースされる予定です。


――働いているのも若い人が多いのが印象的です。


小松さん:

30代の人達が中心となって動いているので平均年齢は若いです。スタートがベンチャーだったので、基本的に自由な社風なんですよ。服装・髪型は男性も女性も好きなスタイルで出勤するのでカジュアルにオシャレを楽しむ社員が多いです。アクセサリーやネイルも特に規制はありません。会社らしい制限が何もないので自分の個性を自由に出せるのはgloopsならではだと思います。


――その自由な社風の中で小松さんが担当している業務は?


小松さん:

私が所属している情報システムグループでは社内のネットワーク環境やパソコン関連の管理、ライセンス管理、セキュリティ対策の強化など、社員がITを有効活用し、業務を効率よく取り組める環境設備や情報サービスを選定し、導入することが業務です。


また、セキュリティの啓蒙活動として毎週朝礼時に500名程いる全社員の前でITリテラシーについてアナウンスをしています。デザイナーなどクリエイティブ職の社員が多く、全員がITに関する知識が長けているというわけではないので、パスワードの管理方法や制作に必要なソフトのダウンロード時などに見落としがちな部分について注意を促しています。


――「情報システム」と、ひとくくりでまとめきれない細かな仕事が多いんですね。


小松さん:

そうですね。通常業務に加えて、長期プロジェクトではPM(プロジェクトマネージャー)の役割も担当しています。最近では社内LANにアクセス制限をかけるセキュリティのソリューションを導入しました。


商業用インフラネットワーク担当者とコミュニケーションを取りながら選定から調整まで半年くらいかけてプロジェクトを進めていくのですが、セキュリティを厳しくしすぎて業務に支障が出てしまわないよう、ギリギリのラインを設定・調整しています。何が必要かを確認しながら慎重に決めていく大変さはありますが、導入したシステムが社内の役に立っているのを見るとやりがいを感じます。


――小松さんが現在の部署に入ったきっかけは?


小松さん:

gloopsの自由な雰囲気にひかれて入社をしたのですが、当時は事務職でした。1年くらい経って、ちょうど自分の仕事について考えていた時、現在のグループマネージャーが「一緒にやろうよ」と声をかけてくれたのが今の部署へ異動するきっかけです。


最初は覚えることがとても多く、リレーションのノウハウもわからず苦労をしました。そして、ネットで検索して問い合わせを入れたり、付き合いのある販社に相談をしたりと、少しずつ仕事を任されるようになったんです。


それから、自分の裁量でやらせてもらえるようになると自然に仕事が楽しくなったんです。「決定権は小松さんだよ」と信頼してくれる上司の姿勢と、役職が付いていなくても全員の前で方針を伝えることができる場を与えてもらえた今の仕事環境はありがたいと思っています。

ユニーク休暇でモチベーションもさらにアップ!

株式会社gloops 小松 はるひさんの画像

――「自由」というオフィス内の様子も聞きたいのですが、女性が働く環境としてはどうですか?


小松さん:

女性は社内全体の3割くらいです。福利厚生、産休、育休がしっかりしていますし、上司もフレンドリーなのでお休みを取りたい時も相談がしやすいですね。


他社にはないユニーク休暇もあって、夏休みがない代わり希望する日程で5日間休暇が取れる「ハッピーバケーション」、映画を観たり、i Phoneの発売日に並ぶ時にも使えたりする「エンタメ休暇」、記念日に1万円とお休みがもらえる「アニバーサリー休暇」などがあるんです。社長も気軽に海外旅行に行くので社員も長期休暇が取りやすいんですよ。女性にとっては働きやすい環境じゃないでしょうか。


――ほかにも自慢できる点はありますか?<


小松さん:

社内図書館(ライブラリー)があって、資料を貸し出しできるシステムがあります。必要な資料や本があれば注文もできるので勉強や情報収集ができる場としてデザイナーやクリエイターがよく利用しています。


――社内ではクラブ活動やサークルがいろいろあるそうですね。


小松さん:

フットサルなどスポーツ系もありますが、どちらかといえばインドアで、ちょっとコアなものが多いです。新しいゲームが出ればすぐにサークルが作られています。ほかにも映画について語る会や、最近流行っているゲームに関するサークル、珍しいものだと社長とご飯に行こうという会もあるんですよ。


私は外に出るほうが好きなので、ランニング部に顔を出して皇居ランをしたり、野球観戦に行く部に参加して一緒に野球を見に行ったりしたことがあります。

難しい料理にチャレンジすることに燃えます!

株式会社gloops 小松 はるひさんの画像

――小松さんは料理が得意だそうですね。


小松さん:

ほぼ毎日お家でご飯を作って食べています。実家にあった栗原はるみさんの料理本やクックパッドに載っているレシピをアレンジしています。


――どんな料理を作られるのでしょうか?


小松さん:

和洋中なんでもいけますが、ハンバーグやチキン煮込みなどが得意です。自分でルールを決めて栄養バランスを考えながら食材をムダにしないように作ることが小さな達成感となっています。週末は普段できないような手間のかかる料理を作るのが楽しいですね。


鶏の中に材料を詰めて圧力鍋で作った参鶏湯(サムゲタン)は作りがいがあって面白かったです。時にはアレンジをして失敗することもありますが、韓国やタイ、カフェ風など毎回テーマを決めてパズルを埋めるような感覚で仕上げていくことが心のリフレッシュにつながっています。


――休日は外出することも多いそうですね。


小松さん:

週末1日は必ず外出しています。先日はふと思い立って三崎(神奈川県三浦市)までマグロを食べに行きました。三崎に行くチケットとランチクーポンに施設利用がついたマグロ切符を使った日帰りコースです。


基本的に食いしん坊でミーハーなところがあるので時間があればネットで面白そうな情報をチェックしますし、食に詳しい知人から教えてもらっています。「ゆっくりしたいな」と思った日には、近くの公園までピクニックをしますが、最近は家で簿記や英語の勉強をしています。


――仕事やプライベートで挑戦したいと思っていることを教えてください。


小松さん:

仕事面ではもっと上手く大勢の前で話すことができるようになりたいです。朝礼など社員の前で話す機会が多いのですが、実は得意ではないんです。でも、話せる場があることは自分自身の成長にもつながると思っています。


また、簿記の試験がもうすぐあるので、合格に向かって勉強に力を入れたいですね。私は目標があると頑張れるタイプなので簿記試験の後は情報セキュリティマネジメント試験を受けようと考えています。


プライベートでは2015年から本格的にランニングをしようと意気込んで職場の人を巻き込んで走っていたのですが、最近サボり気味になってしまいました(笑)。でも新しいシューズを購入したので早く履いて走りたいです。上司と部下の距離感があまりないので社内で走っている人にどんどん声をかけて一緒に走ろうと思っています。



<最後に>
現状に甘えることなく、目標を持って自身をレベルアップさせようという向上心を持った小松はるひさん。インタビュー時の顔はキラキラと輝いていてとても楽しそうに仕事をしているという印象を受けました。簿記試験が近々あるとのことなので、ぜひ合格目指してがんばってください。


gloops>
106-0032 東京都港区六本木1-4-5アークヒルズサウスタワー6
電話:03-5549-7366
設立:200582
URLhttp://gloops.com/
経営理念:「遊び」を革新し続けるソーシャルエンターテインメントプロバイダーとして、未来にどんな価値を提案できるかを考え、追求していく。


文:izumi 撮影:松波賢 ヘアメイク:内藤瑛貴

この記事は株式会社パシフィックネットが運営していたWebメディア「ジョーシス」に 掲載されていた記事を転載したものです。
2016年3月28日掲載