【情シス女子】
情シス女子に必要なのは、マンガにライブに腕力!?
斎藤さやかさん

パシフィックネット SI推進部・情報システムグループ 斉藤さやかさん


情報システム部門で働く女子の生の声をお伝えする「情シス女子」。

第1回は、パシフィックネット SI推進部・情報システムグループで働く、斎藤(さいとう)さやかさんにお話を聞きました。少人数の部署ということもあり、一人で対応する範囲は膨大といいます。開始前の雑談の流れから入ったインタビューは、思わぬ趣味の話から始まりました。


処分しても段ボール37箱のマンガ!

――「ジョジョの奇妙な冒険」の話を夢中でされていましたが、斎藤さんはマンガがお好きなんですね。


斎藤さん:

もう、普通の好きのレベルを超えていると思います。先日引っ越しをしたのですが、マンガを詰めた段ボールが37箱ありまして……。


――それは凄い!


斎藤さん:

実は37箱というのは整理した後の数で、実際にはもっとあったんです。さすがに置き場所がないと思って、思いきって買い取りに出した本もいっぱいあるんです。


――なるほど。そのままいったら軽く段ボール50箱とか超えていそうですね。情シス関係者として、電子書籍などでの購入は考えないんですか? あれなら収納には困らなさそうですが。


斎藤さん:

紙で読んでいく感覚が好きなんです。めくる感触とか、手触りとか。電子書籍は無料のものを読むぐらいです。LINEマンガはよく利用していますね買い取りで手放したマンガがまた読みたくなったら、古本屋に行きます。


ここでしばしスタッフと共にマンガ談義に。あまりにもたくさんの作品名が挙がる中、お気に入りマンガを3つ挙げてもらいました。


3月のライオン」

「コブラ」

「ガラスの仮面」


ライブで弾けて、歩けなくなるほどに

――それだけ一杯だと、休日はほとんどマンガ漬けですか?


斎藤さん:

マンガを読んでいる事は多いですね。でも美術館に行くのも好きなんです。最近のお気に入りは少し昔の彫金とか。ジュエリーとかアクセサリーですね。金属を細かく加工していく技術にひかれます。後は月並みですが、映画もよく行きますね。ディズニーとかたくさん見ていますでも最も好きなのは、やっぱり「スターウォーズ」かな。


――なるほど。健康的に見えますが、スポーツやアウトドアの趣味は?


斎藤さん:

そっちですか……(苦笑い)。体を動かす事は全然やってないです。あっ、でもライブでは弾けています。「ザ・クロマニヨンズ」の大ファンなんです。ライブの後は、ぐったりで大げさでなく歩けなくなりますね。そこで相当燃焼できていると思います。


そんな充実のプライベート(?)を送る斎藤さん。それでは情シス的には、どんな日々を送られているのでしょう。


いつの間にか情報システム部門に

――少人数というだけでなく、いろんな問題を解決してくれるということで斎藤さんの所には多くの問い合わせがあると、うかがっています。もともとIT関係に強かったのでしょうか?


斎藤さん:

とんでもないです(と強く首を振る)。まったくの素人で、何も知らなかったんですよ。どれぐらい知らなかったかというと、「パソコンを持って来て」と言われてデスクトップのモニターだけを持ってくるぐらい。モニターがパソコン本体だと思っていたんですね(笑)。


――普通の女子ならありがちな話ですが、情シスの担当者としては衝撃の過去ですね(笑)。そんな斎藤さんが情報システム部門に入ったのはどんなきっかけだったんですか?


斎藤さん:

もともとは販売の部署にいたんです。それで通販サイトにも関わっていて、当時の情報システム部門とよくやり取りをしていたんですね。それで依頼していく中で、「ちょっとこれやってみる?」とか「これなら自分でできるよ」とか言われて少しずつやっていたんです。そうしたら知らないうちに、情報システム部門に異動になっていました(笑)。


――面白い展開ですね。そんな感じだと大変だったのでは?


斎藤さん:

もう分からないことだらけでしたね。困った時はもう検索しまくりです。たくさん情報はあるのですが、そんな時は「気軽に質問したり、交流ができるコミュニティサイトがあるとよいのに」と思っていましたね。


情報システム部門は、肉体労働?

――でも今では欠かせない戦力、といった感じですね。


斎藤さん:

自分ではまだまだだと思いますけど、そう思っていただいたらうれしいですね。


――問い合わせも多かったりして、日々大変だと思います。


斎藤さん:

問い合わせは多いですね。「インターネットが見られない」とか「システムがおかしい」とか、日常的ですし。でも問い合わせは実はありがたいんです。現場で何が起こっているかが分かりますし、問題も早めに発見できるので。


最近もサーバーの不具合についての連絡が入って、調べていったら、バックアップ機能が関係してサーバーの稼働に影響が出ていることが分かりました。その原因を私が調べて、実作業のできる人にすぐに対応してもらいました。


――チームワークのよさも大切ですね。


斎藤さん:

私の場合は社歴も長いので、部署内だけでなく社内のいろんな人に仲よくしてもらっています。だから多くの人に知ってもらえていますし、連絡をしやすいというのもあるのだと思います。


――社内でのコミュニケーションも大切ですね。さて、情報システム部門というと男性の職場、というイメージです。そうした環境での苦労などはありますか?


斎藤さん:重いモノを持つのが、辛いかな。


――重いモノ??


斎藤さん:

サーバーとかもありますし、このあいだ運んだUPS(無停電電源装置)は本当に重かったです。30キロぐらいあるらしいんですが、もっと重く感じました。倉庫での作業で、助けも借りることができないので、ヘトヘトになりました。「情報システム部門で大変なのは知識ではなくまずは力」と実感しましたね。

プラス思考ではなく、マイナスなしの思考

――これまでで一番大きな業務はどんなことだったのでしょう?


斎藤さん:

基幹システムのリプレースですかね。大きな仕事っていうか、とにかく大変な仕事で……。一応PM(プロジェクトマネージャー)っていう立場になっていたんですけど、これもいつの間にか自分が全体を見ていたって感じです。


――基幹システム絡みだと、想像するだけで大変そうです。


斎藤さん:

その時期はマンガさえ読めなかったですね。休みの日はとにかく眠りたくて。整体にも通って、体をメンテナンスしてもらっていました。私、普段軽い疲れの時は赤のコーラ(注:赤いラベルのコカ・コーラ)、ちょっと疲れがたまっている時はタフマンを飲んでいるのですが、その頃は毎朝ウィダーインゼリーが加わっていました。


――激務であっても物事を前向きに捉えるのは、斎藤さんの強みだと思います。


斎藤さん:

私はプラス思考ではないんです。マイナスではないと考える。だから今の仕事も大変な時もあるけど、それほど辛いとは思ってないんですよ。


――最後に、今後どんなことをやっていきたいですか?


斎藤さん:

とても小さな話になって申し訳ないんですけど、情シスとかIT、自分が仕事で関わっていることを基礎からきちんと勉強したいですね。体系立ててきて学んだわけでなく、目の前の必要なことを何とかこなしてきたという感じなので。やっぱり基礎は大切だって思うんです。



IT分野を基礎から学びたい、と最後に話してくれた斎藤さんですが、これまでこなしてきた業務実績は見事。社内からの信頼も抜群です。それでもなお足元をもっとしっかりさせたい、というところに情シス女子のハートを感じました。

この記事は株式会社パシフィックネットが運営していたWebメディア「ジョーシス」に 掲載されていた記事を転載したものです。
2015年9月28日掲載