行動憲章

「パシフィックネット行動憲章」

パシフィックネットは、健全な企業体として成長してゆくために、「パシフィックネット行動憲章」を定め、国内外の法令及びその精神、ならびに会社規程の遵守はもとより、フェアプレーと公平性をもって行動し、健全かつ責任ある事業活動によって広く社会に貢献します。

  1. 法令順守
    法令をはじめとする社会規範およびその精神を正しく理解し、これを厳格に守り、公正・健全な企業活動を行います。
  2. 環境問題への取り組み
    地域環境保全の重要性を認識し、事業活動における4R(リユース・リデュース・リサイクル・レンタル)への取組みを推進するとともに、企業内活動においても循環型社会形成に寄与する改善活動を継続的に行います。
  3. 情報の適切な取扱い
    職務上知りえたお客様の個人情報や企業情報、ならびに回収した情報機器に含まれる情報の取得・利用・管理・廃棄の全ての段階で、適法かつ社内規程に従い公正に取り扱います。
  4. 透明性の高い企業活動
    広く社会とのコミュニケーションに務め、経営情報ならびに企業情報を適宜適切に提供し、透明性の高い企業活動を推進します。
  5. 反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方
    反社会的な活動や勢力による不当要求に対しては、警察等の外部機関と緊密に連携し、法的対応を含め毅然とした態度で臨み、一切関わりません。
  6. 製品・サービスの品質・安全確保
    お客様第一主義の経営理念に基づき、安全で高品質の製品・サービスを提供し、お客様の満足と信頼が得られるよう努力します。
  7. 社会との調和
    企業市民として社会貢献活動を積極的に行い、役職員の社会貢献活動への参加を支援します。
  8. 健全な職場作り
    職場における社員の安全と健康を確保し、社員一人ひとりの人格・個性・意欲・創造性を尊重し、健全で働きやすい職場環境を形成します。
  9. 経営者の役割
    経営トップは、この企業行動憲章を社内に周知徹底し、この企業行動憲章に反するような事態が発生した場合は、経営トップ自らが問題解決、原因追求ならびに再発防止への、適切な対策を行います。

2006年1月 「パシフィックネット行動憲章」制定

2014年6月 同憲章改定